自分でやるか歯医者に行くか

>

少ない頻度では意味がない

フッ素を塗ってもらうメリット

クリーニングや検診の際に、フッ素を歯に塗ってもらえます。
すると汚れがつかなくなり、歯石も溜まりにくくなるメリットが生まれます。
虫歯や歯周病の予防に効果的なので、フッ素を塗ってもらえる歯医者を探してください。
歯医者に行くのは、3か月に1回がおすすめです。
余裕があれば1か月に1回が良いですが、なかなか時間を確保できず、金銭的な問題もあり実現するのが難しいと思います。

しかし3か月以上の間隔が空くと口内に大量の歯石が溜まりますし、病気を発症するリスクが高まります。
ですからどんなに忙しい人でも、3か月に1回は歯医者に行くペースを守ってください。
定期的に通えるよう、行きやすいことを考慮して歯医者を決めましょう。

歯医者の選び方

忙しい人は、職場に近い歯医者を選ぶのが良い方法です。
それなら仕事が終わった後や、昼休みの時にクリーニングや検診に行けるでしょう。
特に異常が見られなければ、全ての施術が30分ほどで終わります。
ですから昼休みの間でも、十分時間を確保できるでしょます。
仕事が終わってから行く場合は、遅くまで経営している歯医者を選ぶのがおすすめです。

そのように自分の都合に合わせて、歯医者を決めてください。
意外と、それぞれの歯医者で経営時間や休診日が異なります。
中には土曜日や日曜日などの休日に経営している歯医者も見られるので、どうしても平日に行くのが難しい人は、そのような歯医者を選びましょう。
早めに歯医者に行く予定を決め、カレンダーにメモしてください。


この記事をシェアする