自分でやるか歯医者に行くか

>

特に歯石が付きやすい場所

自分で掃除する方法

食後に歯を磨かないなど、汚れを放置すると次第に固まっていきます。
硬くて歯にこびりついた状態の汚れを、歯石と呼ぶと覚えておきましょう。
歯石は歯ブラシでは落とせないので、自分で掃除するなら専用の器具を購入してください。
それがスケーラーで、日用品を販売するお店で見つけることができます。
しかし扱っていないお店も見られるので、手っ取り早く購入するなら通販サイトを使うのが良いでしょう。

スケーラーの先端は尖っており、その部分で歯石を除去します。
使い方は簡単で、まず口内に雑菌が侵入しないようスケーラーを消毒します。
それから鏡を見て歯石が溜まっている部分を確認し、スケーラーを動かしながら歯石を少しずつ除去していきましょう。

使う際の注意点

歯石が気になった時に、すぐ自宅で除去できる部分がスケーラーのメリットです。
しかし力を入れすぎると、歯や歯茎を痛めたり傷つけたりするので慎重に作業を進めてください。
力を加えなくても、歯石を落とせます。
特に最初は力加減がわからないでしょうから、最小限の力を入れて、ゆっくり作業するのがおすすめです。

さらに歯の裏側は鏡を見ても確認しにくい部分なので、見落とすかもしれません。
それではスケーラーを使う意味がないので、うまく鏡の角度を調整したり、光が当たってよく見える位置で作業したりしましょう。
さらに、経験を重ねることが大事です。
何回も繰り返し歯石を除去すればスケーラーの扱いにも慣れ、すばやく掃除できるようになります。


この記事をシェアする